目の下の肌質を向上|症状に合わせた治療方法|目の下のくまを改善する

症状に合わせた治療方法|目の下のくまを改善する

目の下の肌質を向上

女の人

紫外線の影響

目の下のくまは、多くの場合は紫外線によるメラニン色素の沈着が原因となっています。夏のビーチなどで紫外線を多く浴びると、肌は日焼けによって褐色になりますが、この現象が目の下で起こると、くまができるのです。日焼けは、夏が終わる頃には自然に解消されますが、これはメラニン色素の沈着した肌が、ターンオーバーによって排出されるからです。ところが目の下のくまの場合、日焼けと異なり夏場にのみ生じるわけではありません。なぜなら目の下の肌はデリケートなので、1年中紫外線の影響を受けるからです。そのため紫外線量の多い夏が終わっても、わずかな紫外線の影響で新しいメラニン色素が沈着します。ところが美容外科で肌質を向上させる治療を受ければ、目の下の肌は、紫外線の影響を受けにくくなります。するとメラニン色素が沈着しにくくなることから、目の下のくまも防ぎやすくなるのです。

幹細胞の移植

具体的には美容外科では、体内の脂肪組織から幹細胞を取り出し、目の下に移植するという治療がおこなわれています。幹細胞には、自らの周辺の細胞を誕生させる力があります。そのため元は脂肪組織に存在していた幹細胞でも、目の下に移植されれば、そこで肌細胞を作り出すようになるのです。生まれたての健康的な肌細胞が増えるにつれて、目の下の肌は丈夫になっていきます。これにより、目の下のくまの予防効果が出てくるわけです。また、デリケートな肌はたるみやすいので、目の下にはくまだけでなく、たるみによるシワもよく生じます。しかしこの治療によって肌質が向上すれば、たるみも改善されます。つまり治療後は、白い上にハリのある若々しい目元になるということです。そのため目の下のくまやたるみがコンプレックスとなっている人の多くが、この治療を受けています。