症状に合わせた治療方法|目の下のくまを改善する

注入で得られるメリット

注射器

ヒアルロン酸注射はプチ整形と呼ばれる成型法の代表格です。その特徴はなんといっても日帰りで気軽に施術してもらえる点です。とはいえ、施術後は痛みや腫れが長引くなどといった副作用が起こる場合もあるので安静にして様子を見るように注意しましょう。

もっと見る

お化粧でも隠せないしみ

婦人

茶色いしみ

お化粧でも隠せない目の下のくまに悩んでいる方は多いと思います。目の下のくまには種類があります。それぞれ原因と治療方法があります。茶くまの原因はふたつあります。ひとつは、色素沈殿による、表皮に出来たしみです。原因は紫外線によるダメージ、化粧品が落ち切れていない、化粧品によるかぶれ、アトピー性皮膚炎や乾燥によるかゆみなどです。治療法としては、こすらないことはもちろんですが、美白効果のあるコスメなどでのスキンケアも大切です。病院ではハイドロキノンやトレチノインを処方されます。もうひとつは真皮に出来たしみ。遅発性両側性大田母斑様色素斑というアザです。メラニンが皮膚の奥に沈着しているために出来るしみです。治療方法としては、レーザーでの治療があります。

青い・黒いしみ

青くまは、目の周りにある毛細血管の血液の流れが滞ったため、薄い皮膚から毛細血管が透けて見えてしまい、目の下が青く見えるくまです。原因は、冷えやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、疲労がたまっている、ストレス、パソコンなどの見すぎで目が疲れていることなどです。治療方法としては、血流を良くすることです。マッサージやホットパックなどで暖めます。マッサージは専用のクリームを使ってやさしく行ってください。目だけではなく、全身の血流も良くすることが大事なので、適度な運動もおすすめです。禁煙もしてください。黒くまは、生まれつき目の下の脂肪が少ないために、皮膚がたるみ、へこんで影ができるのが原因です。加齢により目の下の脂肪が萎縮してしまい、同じように影が出来る場合もあります。治療方法としては、皮膚のへこんだ場所にヒアルロン酸を注入、または眼科脂肪を取る手術などがあります。

目の下の肌質を向上

女の人

目の下の肌はデリケートで、紫外線の影響を1年中受けています。これによってメラニン色素が作られることが、目の下のくまの原因です。しかし脂肪組織の幹細胞を目の下に移植するという治療により、肌質が向上すれば、くまは生じにくくなります。さらにたるみによるシワも解消され、目元は若々しい状態になっていきます。

もっと見る

年齢より若く見せるには

女性

美容皮膚科で若返りの治療を受けることで、年齢よりも若く見せることが可能になります。若返りの治療に不安があったり、美容皮膚科選びで悩んだ場合は、口コミを参考にすれば不安を解消出来たり、良い美容皮膚科を見つけることが可能です。

もっと見る